【挨拶と2018年のまとめ】2018年もkemu・堀江晶太速報をありがとうございました!

2018年も当サイトを閲覧頂きありがとうございました。今年も様々な曲がリリースされ、様々な出来事がありましたので一部をまとめつつ紹介していきたいと思います。

1月…じん氏とのコラボレーション楽曲「ミリオン/ワンズ」がリリースされました。ブルーレイ特典CDだったにもかかわらず後に配信リリースされたことは大きな反響を呼びました。
アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』OP「Sincerely」の作編曲を担当されました
また、PENGUIN RESEARCH初の共作詞楽曲である「ハートビートスナップ」が収録されたEP『近日公開第二章』リリースもこの月です。

2月…この月はPENGUIN RESEACHのライブ・イベントがありましたが、堀江氏個人活動の動きは少なかったです。「Lonely Queen’s Liberation Party」のフルMVが解禁され、ストリングスアレンジを担当されたEvan Callさんが注目されるようになりました。

3月…majikoさんへ提供した「ダーウィン先生の倦怠」が発売されました。今までに見なかった荒々しさから驚かれたファンの方も多いのではないでしょうか。また、PENGUIN RESEARCHのワンマンライブ「PENGUIN QUEST~お台場に導かれし者たち~」Zepp Divercity Tokyo公演がありました。

4月…『春∞宴[炎]』、カヨコさんのサポートなど、自身のバンド以外でのライブ活動が目立った月でした。また、LiSAさんが往年の名曲「ムーンライト伝説」のリアレンジを担当されました。
ボカロPが100人以上集った、「同創会」にも参加されていました。

5月…LiSAさんのベストアルバムが発売され、新曲3曲の編曲を担当されました。中でも「ハローグッデイ」はファン待望の堀江氏が作曲に携わったこともあり大きな反響を呼びました。
堀江氏と呑みにいったWEST GROUNDさんが「WEST GORUNDとkemuは別人です。笑」とツイートし話題になりました。
また、堀江氏が髭を生やしていたのもこの時期です。

6月…「キューティーハニー(SISTER EDITION)」「ヒロイックシンドローム」が発売されました。ヒロイックシンドロームはまふまふさん作曲堀江氏編曲というコラボになっており、長年のファンからは喜びの声が上がりました。

7月…蒼井翔太さん提供曲の「STAND BY ME」が発売されました。作詞が鈴木大記さんであることが判明したことで、多くのKEMU VOXXファンへの反響が有りました。8日には野音でのワンマンライブ「PENGUIN GO YAON -ペンギンゴーヤオン-」が行われました。

8月…PENGUIN RESEARCH FC限定ライブで堀江氏の決意が語られました。
アイドルマスター ミリオンライブ!全体曲の「UNION!!」を制作され、多くのアニメファンの間で話題になりました。

9月…ベイビーレイズJAPANが解散。「最後の日があるなら たとえ遠くても傍に居たいんだよ(ひとこと 作詞:堀江晶太)」とありましたが、バックバンドという誰よりも近い場所で最後の最後までベイビーレイズJAPANと過ごされました。堀江氏たっての希望で「夜明けBrand New Days(farewell and beginning)」がリリースされました。

10月…事務員Gさん宅でそらるさん、そしてsupercelのryoさんと食事をされました。
PENGUIN RESEARCH初の札幌ライブが行われました。

11月…「ピンクレモネード」「アオ」がリリースされ、WEST GROUNDさんと共作の「Star light, Star bright」が話題になりました。
事務員Gさん宅でのそらるさんの誕生日パーティーでryoさん、紅白出場もされた米津玄師さんらとご一緒されました。

12月…「さよならからはじまりへ」「赤い罠(who loves it?)/ADAMAS」「なんで」がリリースされました。「さよならからはじまりへ」はベイビーレイズJAPANファンの平瀬美里さんの楽曲ということでアイドルファン界隈で大きな反響を呼びました。

様々な出来事があった2018年でした。改めて、「kemu・堀江晶太速報」をご覧頂きまして本当にありがとうございました!来年も「早く」「わかりやすく」「正確に」を心がけて伝えていきますのでご贔屓によろしくおねがいします!