第1回はコチラ
第2回はコチラ
第3回はコチラ

第4回  ボカロP Rino
fIYxNrKk
ニコニコ動画で、ボーカロイド曲をUPしている。2016年に活動して以来、kemuライクでありながら、独特の世界観を醸し出す音楽が評判になる。個人的には2017年最注目のボカロP。先日のComicCity福岡42にて、1stアルバム『AFTERMATH』をリリース。
Twitter
ニコニコ動画

筆者(以降筆):今回は多忙な中インタビューを受けていただいてありがとうございます。早速ですが、Rinoさんの普段の活動について教えて下さい。

Rino(以下R):初めましての方は初めまして。Rinoと申します。 ご存知の方はこんにちは。
「誰だお前」とか「なんでお前がここでインタビューされてんだよ」って声が今にも聞こえてきそうなんですが、どうか許してください。
普段はボカロ曲を作ってニコニコに投稿しております。


Rino最新曲『アフターマス』

筆:Rinoさんは知名度はまだまだですが、音楽が素晴らしいので、今回インタビューさせて頂きました。よろしくお願い致します。

R:ありがとうございます~!

筆:ところで、普段はどのような楽曲をお聴きになっていますか?

R:無論、堀江先生の楽曲です!堀江先生以外だとスズムさんの楽曲を聴いております。そう思うと、めっちゃ偏ってますね(笑)

↑スズム 代表曲『世界寿命と最後の一日』

筆:そうですね(笑)両者の楽曲には、似通ったものがありますからね。では、堀江氏との出会いの経緯を教えて頂けますか?

R:大半の方がそうだと思うんですけど、
kemuさんのニコニコ大百科の掲示板を見てた時に「ん?誰だこの人」って気になって
調べ始めた時ですねー。それから調べてみて、曲を聴いていくうちに、かなりハマっちゃって。


筆:今はどうかわかりませんが、そういう人が多いですね。私もその一人です。
では、初めて聴いた堀江曲、その感想を教えて頂けませんか?

R:初めて聴いた堀江曲、そう言っていいのかわかりませんが、「イカサマライフゲイム」でしたね。
当時中学2年生だったボクに厨二全開の歌詞にあの疾走感マシマシのサウンドは虜にならざるを得なかったです。


↑kemu 『イカサマライフゲイム

筆:Rinoさんの楽曲にも、イカサマライフゲイムの影響が根強く残っていますね。
そこからあなたは堀江曲に興味を持たれて今に至る訳なんですけど、何か生活で変わった面などありますか?

R:とにかく、音楽がもっと好きになりました。彼がいなければ、今音楽は続けていなかったでしょうね。

筆:そうですか。すごく素敵な出会いでしたね。
たった一人のアーティストから、音楽をより好きになったのは、素晴らしいことです。
次の質問なんですが、Rinoさんの曲で、堀江氏に影響を受けていると思うことはありますか?

R:影響かぁ・・・これと言って無いです。
主に影響を受けたのはスズムさんの楽曲からですかね。その話はまた別の機会にでも。


筆:またお聞きしますね。意外とないものなんですね。驚きです。
では、一番好きな堀江曲、その理由を教えて下さい

R:一番好きな堀江曲は先日short verが公開された「敗者復活戦自由形」ですね。

↑PENGUIN RESEARCH 『敗者復活戦自由形

ボクがkemu曲で一番好きなカミサマネジマキを連想させるメロディラインがもうドンピシャでした。
あの疾走感はヤバイ。
\ウタエ-!/

筆:あの曲は凄かったですね。近いうちの敗者復活戦自由形に関しても記事を投稿するつもりです。
では、逆に嫌いな曲は?

R:苦手な堀江曲は「恋」ですかねー。

↑茅原実里 『

普段はもっと激しめな堀江曲ばっかり聴くのでなんか物足りなくって・・・。

筆:物足りなくなる気持ちもわかります。まぁ、何か悩んだりしたときとかは、こういう落ち着いた曲を聴いてみるのもいいですよ。
では、ご覧になられている皆さんにお伝えしたいことをお願いします。

R:伝えたいこと・・・夢を持って生きてください。ボクみたいに惰性で生きたくなければ。

筆:深いですね。
じゃあ、最後に、あなたにとって『堀江晶太』は?

R:神。ただその一言に尽きます。

筆:Rinoさんらしいコメントを引き出せてよかったです。ありがとうございました。