アニソン界の重鎮「神前暁」さんのインタビューに堀江氏の名前が登場

あけましておめでとうございます。2018年初のニュースをお届けします。
20180101-mitokousaki

ミト×神前暁が考える、それぞれの音楽的特徴と<物語>シリーズ楽曲の面白さ というインタビューに、堀江氏の名前が出ていたので紹介、その部分を引用させていただきます。

ーーちなみに、最近刺激を受けた音楽作家さんは?

神前:『関ジャム』でも「ようこそジャパリパークへ」を分析したオーイシマサヨシ(大石昌良/OxT)さんや、うち(MONACA)の田中秀和くんや広川恵一くんには触発されましたね。個人的に好きなのは、堀江晶太(PENGUIN
RESEARCH)さんや重永亮介さん、渡辺翔くん。翔くんが出てきたときに、「僕とはメロディとかの作り方が根本的に違う!」とショックを受けました。

 

「God knows…」などを作られた、誰もが知っている作家さんに紹介されているのは、うれしいものがありますね。