【楽曲紹介】世界よ、これが「堀江晶太」だ。 「fragment ornament/分島花音」

fragment ornamentとは、分島花音が2019年に発表した楽曲である。

概要

楽曲情報
曲名 fragment ornament
制作陣 歌唱:分島花音
作曲・作詞:分島花音
編曲:堀江晶太
チェロ:分島花音
ピアノ・ギター・ベース:堀江晶太
ドラム:ゆーまお(ヒトリエ)
バイオリン:瀬恒啓
Recording&Mixing Engineer:Toshihiro Watanabe(Sony Music Artists)
Assistant Engineer:Sho Saito(binaural)
Recording&Mixing Studio:ONKiO HAUS
Mastering:Kotaro Kojima(FLAIR)
Director:西田弓(Sony Music Publishing)
Assistant Director:Satoshi Chiba(Sony Music Publishing)
備考 「DECADE」収録

シンガーソングライターの分島花音氏のデビュー10周年を記念したベストアルバム「DECADE」に書き下ろされた楽曲。分島花音氏とは、PENGUIN RESEARCHの以前の事務所が同じであり、「ピンクレモネード」「未来への光」「TOUGH&CUTE」でコラボレーションをしている。
演奏陣はドラムに「アオ」「ミリオン/ワンズ」でコラボレーションをしたゆーまお氏、「冬に咲く華」でコラボレーションをした瀬恒啓氏が関与されている。
ディレクターは、同日発売「僕等の六等星」と同一の方が担当されている。
以下、堀江氏の編曲にあたってのコメントを引用。(引用元:http://wakeshimakanon.com/best.html)

ベストアルバム発売、そして十周年、おめでとうございます。
「fragment ornament」、凄い曲です。
アーティストとして、またクリエイターとしての分島さんの
情熱、感性が注ぎ込まれた集大成のように思えます。
大きな節目を祝うに相応しく、そして再びの門出を飾るような、
優しくて力強い生命力に満ちた一曲になればと思い、編曲しました。
素晴らしい楽曲に携われたことを光栄に思います。

楽曲の特徴

「編曲の鬼」と呼ばれる所以が分かる。端的に言えばそうである。配信なし、CDのみというストイックな入手手段ではあるが、それでも、いや、それだからこそ、この二人の天才が紡ぎあげた一曲を聴いていただきたい。
7分を超える長尺の楽曲で、6分強の「組曲いいひと(編曲)」を超える。分島花音氏が得意とする壮大かつキャッチーなメロディー、チェロの演奏を最高の状態に昇華させた一曲である。
7分間に、堀江氏が培ってきたアレンジスキルがすべて網羅されており、この楽曲の持つ「セレブレーション」感を最大限に表現されている。
途中にピアノソロからストリングスソロに繋がるゾーンがあるのだが、これはなつかしさを感じつつも、今までの堀江曲では一切なかったものであり、新たな可能性を感じさせる一曲である。

この曲に似た楽曲

「Lightning」

歌唱:TERRASPEX 作詞・作曲・編曲:堀江晶太

サウンドテイストは異なるが、サビの解放感は似ている。

「Awakening the World」

歌唱:茅原実里 作詞:茅原実里 作曲・編曲:堀江晶太

ストリングスの聴き具合、解放感に共通点がある、

「ミリオン/ワンズ」

歌唱:初音ミク 作曲・作詞・編曲:じん・kemu

アウトロの雰囲気、ギターサウンド、ドラムの感覚を彷彿とさせる。

購入・配信情報

購入

「DECADE」
各種CD取扱店にて販売中

配信

なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)