新曲 解禁情報はコチラ

【楽曲紹介】また一段と進化した、極上の「堀江晶太流ラウド」「FANATIC/luz」

FANATICとは、2019年に発表した、luzの楽曲である。

概要

楽曲情報
曲名 FANATIC
制作陣 歌唱:luz
作詞:luz
作曲:堀江晶太
編曲:堀江晶太
備考

luz氏とのコラボレーションは、「Dealest,Dealest」「キューティーハニー(SISTER EDITION)」を含め三回目。

luz氏はダークなラウドロックを得意としており、堀江曲との親和性が高く、上記の楽曲はどれもオススメである。

今回の楽曲は、「FANATIC(狂った信者)」が意味するように、狂信者に向けたラブソングとして公開された。

楽曲の特徴

冒頭から衝撃的なデスボイスに、堀江曲ファンは感涙するに違いない。この音圧こそが、kemu時代から連綿と引き継がれてきた魅力である。
度肝を抜くようなシンセの音と、超低重心なギターのサウンド。冒頭は今までの堀江流ラウドでは前例のない、まさにEXILE的なサウンドであり、新鮮さを感じさせる。
堀江曲では、ボーカルに過度な加工を加えることはあまりないが、今回は随所に加工を加えており、楽曲への没入感を深めている。

luz氏の歌声は、力強くも繊細で丁寧な部分があり、そこが彼の持つエロティックな部分であるが、それを補強するかのように、様々な部分でデスボイスコーラスを加えられており、まさにライブで盛り上がるにはもってこいな一曲である。

Bメロは美しいメロディーラインで、激しいだけじゃない魅力を引き出している。そこから紡がれるラップは、最近の堀江氏の趣味であろうか。現在の音楽シーンでも、「ヒプノシスマイク」といったラップ音楽がブームではあるので、ブームをしっかりと抑えたうえでの起用なのかもしれない。

MVから分かるように、ヘドバンを沢山したくなる一曲である。luz氏のアーティストイメージとピッタリであり、ファンも盛り上がるに違いない。

また、MVのカメラマンとしてPENGUIN RESEARCHのほぼ全曲のMV監督をされている末吉ノブ氏が参加している。

「決闘」「アンダーワールドウタウタイ」と同系統ではあるが、luz氏のイメージに最適化された堀江晶太特有のロックサウンド。一聴あれ。

購入・配信情報

購入

なし

配信

なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)