新曲 解禁情報はコチラ

堀江晶太 アイドルソング全集

この記事の目次

堀江晶太アイドルソング 全部まとめました

全18曲にもわたる、堀江晶太さんのアイドルソング。

ベイビーレイズJAPANへの楽曲提供を主に、時代を印象付ける様々なアイドルへ提供し続けてきました。

そんな楽曲を、「何が何でもこれだけは聴いてほしい!」と厳選した4つの楽曲をキーとして、全曲紹介させていただきます!

記事最後には、Apple Musicでいつでも聴けるプレイリストを用意。最初から最後まで、堀江晶太さんのアイドルソングに浸ることができますよ♪

1st Key … アンセム of アンセム

夜明け Brand New Days (ベイビーレイズJAPAN)

作詞・作曲・編曲:堀江晶太
Guitar:神田ジョン・西川信幸
Bass & Programming:堀江晶太
Drums:新保恵大
Piano:菊池亮太
Chorus:久保田薫
Recorded & ProTools Operated:Su_ka_no (SIGN SOUND LLC)
Recorded & Mixed:小寺秀樹
Mastered:柴昇治(TEMAS)

※無印版クレジット (Farewell and Beginning版もプレイヤーは同様です)


2010年代のアイドルソングの歴史に最も濃く刻み込まれた楽曲―

堀江晶太さん自身も「総合的なものを含めて一番の自分のなかでの“最高傑作”」と語るこの楽曲は、氏がデビューシングルから最後まで携わったベイビーレイズJAPANの代表曲です。

堀江晶太さん

作家としていままで7年ぐらいいろんな仕事してきましたけど。
自分は、ベビレのラストライブが終わったら、自分のなかの作曲家人生の1部が終わると思ってるんですね。
その1部のなかで、総合的なものを含めて一番の自分のなかでの“最高傑作”。
それぐらい手応えを感じたのが「夜明け〜」ですね。だから僕の作家人生においても大事な1曲となりました。

https://www.barks.jp/news/?id=1000159808&page=2より引用
※2018年9月24日(月・祝) 山梨・山中湖交流プラザ きららにて開催された、ベイビーレイズJAPAN LAST LIVE「全虎が啼いた!伝説の最高雷舞(クライマックス)」 このライブでは、堀江晶太さんはサポートバンドとしてベースを演奏されました。

世界で一番有名なコール「イエッタイガー!」を全国区にのし上げたのも、この楽曲。
今や、様々な楽曲やライブで「家虎」は繰り広げられていますが、今でも多くのアイドルファンが「夜明けの家虎しか勝たん」と言われ続けています。

アイドルファン支持率トップクラスのラジオ番組“ニッポン放送『ミュ~コミ+プラス』”で企画された『アガる神アイドルソングカウントダウン2017』でも堂々の一位を獲得。

そんな「夜明け」は、異例の「持ち込み」での採用であったことが明かされています。

堀江晶太さん

日本武道館(公演)の合同リハがあって、そこでベイビーレイズJAPANのメンバーの表情とか、打ち合わせで話してる様子とか見てて、なんか珍しくふいにこれを曲にしたいなって思って。
で、そのリハが終わったその日に曲をバーって作って。翌日のリハに持って行って、スタッフさんに聴いてもらったら「これは良いかも!」って。
そこまでで1番の歌詞が出来てたんですよ。で、武道館公演が終わって打ち上げのあとに朝方、2番以降の詞を書き始めて、次の朝には編曲終わって。
武道館の前後に書いた曲だったんですよね。

だから元々、リリースがあるからって話も本当に無くて、ただただ自分が作りたいなと思って無理矢理持ってって「これ、良かったら聴いてくれませんか?」って。

https://news.1242.com/article/133841より引用

まだ聴いたことがないかたは、まずは「オリジナル版」を聴き、様々なライブ映像を順番に見ていって、最後に、解散前最後の配信シングルとして制作された「Farewell and Beginning版」を聴いてみてください!

「ライブで楽曲が育つ」とはこういうことなのか!ときっとわかると思います。

そんな「ライブで育つ」を実感できるように、以下にYouTubeプレイリストをご用意させていただきました。ぜひ順番に聞いてみてください♪
(オリジナル版はYouTubeにありませんので、サブスクなどで聞いて見てください!)

また、この楽曲は様々なシーンでカバーされています。

2019年1月に開催されたPENGUIN RESEARCHのライブでは、堀江晶太さんが「大切な仲間の曲」というコメントと共にカバー。そして2020年、生田鷹司さんが声優として参加されているコンテンツで、堀江晶太さんの親友 ANCHORさんがリアレンジしたバージョンでカバーされています。

その他、様々なアイドル・歌手が「夜明け」をカバーされています。

「Farewell and Beginning版」は、堀江晶太さんの「夜明け Brand New Days」を世界に届けたいという希望で制作されました。きっとこの楽曲は、生涯永遠に語り継がれることでしょう―

「あなたを元気づけるアンセム」

「夜明け Brand New Days」が代表のこのKeyでは「あなたを元気づけるアンセム」を紹介します。

前向きな歌詞・メロディー・サウンドで、憂鬱な明日が少し明るくなるような楽曲ばかりです。

ベイビーレイズ (ベイビーレイズ)

作詞・作曲・編曲:塚本けむ

All Instruments & Programming:塚本けむ

Chorus:久保田薫

Recording Engeneer:松尾真弥(Climbers)

Recorded & ProTools Operated:su_ka_no(SIGN SOUND LLC)

Mixing Engeneer: 山田直輝(I TO I Communications)

Mastering Engeneer:柴晃治(TEMAS)

筆者は、この曲のとある歌詞が一番好きです。読むたびに、色々とこみ上げてきます。

ベイビーレイズ 負けるな 不器用な君は
優しいから辛い思いをするんだ

ベイビーレボリューション (ベイビーレイズ)

作詞・作曲:塚本けむ

編曲:會田茂一

Guitar:會田茂一

Bass & Cello:佐藤研二

Drums:小松正弘

Chorus:久保田薫

Recording & Mixing Engeneer: 南石聡巴(みなみいし あきは)

Recorded & ProTools Operated:su_ka_no(SIGN SOUND LLC)

Mastering Engeneer:柴晃治(TEMAS)

※オリジナル版のクレジット Initial Editionは編曲:塚本けむとなり、演奏者も異なります。

この楽曲は、2つのバージョンが存在し、「Initial Edition」が堀江晶太さんが編曲されたものになります。
また、以下のライブ映像もInitial Editionに準拠されています。個人的にはInitial Editionがオススメです。

栄光サンライズ (ベイビーレイズJAPAN)

作詞:玉屋2060%
作曲:玉屋2060%
編曲:堀江晶太
Guitar:神田ジョン
Bass&Programming:堀江晶太
Drums:新保恵大
Chorus:久保田薫
Recorded & ProTools Operated:su_ka_no(SIGN SOUND LLC)
Recorded&Mixed:藤浪潤一郎
Mastered:柴 晃浩(TEMAS)

走れ、走れ (ベイビーレイズJAPAN)

作詞:堀江晶太
作曲:堀江晶太
編曲:堀江晶太
Guitar:神田ジョン・西川信幸
Bass&Programming:堀江晶太
Drums:新保恵大
Piano:菊池亮太
Chorus:久保田薫
Recorded & Protools Operated:su_ka_no(SIGN SOUNDS LLC)
Recorded&Mixed:小野秀樹

閃光Believer (ベイビーレイズJAPAN)

作詞:堀江晶太
作曲:堀江晶太
編曲:堀江晶太
Guitar:神田ジョン・西川信幸
Bass&Programming:堀江晶太
Drums:新保恵大
Piano:菊池亮太
Chorus:久保田薫
Recorded & Protools Operated:su_ka_no(SIGN SOUNDS LLC)
Recorded&Mixed:藤浪潤一郎

「閃光Believer」はアイドルグループ「Jewel☆Ciel」がカバーされたバージョンも最高です!(編曲:三宅英明さん)

2nd Key … 「夜明け」に出会った、一人のアイドルのお話

「夜明け Brand New Days」に出会ったアイドルの一人のお話―

「ロッカジャポニカ」というグループの平瀬美里さんという方がいます。

さよならからはじまりへ (平瀬美里 from ロッカジャポニカ)

作詞:堀江晶太
作曲:堀江晶太
編曲:堀江晶太
Guitar:堀江晶太
Bass:堀江晶太
All Other Instruments:堀江晶太
Recording Engineer:松本英人(A-Tone)
Mixing Engineer:小寺秀樹(VERYGOO)
Recording Studio:Studio A-tone 西麻布
Mixing Studio:ROKU-st
Mastering Engineer:山崎翼
Mastering Studio:Bernie Grundman MASTERING?
Producer:川上アキラ(STARDUST PROMOTION)
Producer/A&R Chief Director:宮本純之介(EVIL LINE RECORDS)
A&R:佐藤守道(STARDUST PROMOTION)

ももいろクローバーZなど、数々の人気アイドルが所属する「スターダストプロモーション」のアイドルグループ「ロッカジャポニカ」。

「さよなら~」が収録されている、「夢と妄想」をテーマとしたアルバム「MUGEN」では、各メンバーが各々でプロデュースする楽曲が収録されています。

なぜこの曲が生まれたのか、平瀬さんのブログで綴られています。

作曲とかお願いしたい方の希望とか衣装まで全て伝えて下さいとの話でびっくり😳😳
えっ!そんな所までお願いしていいの?って☺️

衣装はやっぱり
憧れとリスペクトの赤希望❤️
かっこかわいいアイドルロック調をお願いしました😌

作曲…
みぃの頭の中に出てきた方はこの方一人だけ…

そりゃ無理でしょって思ったけど、夢とか妄想だし、
ダメもとで言っちゃおって
お願いをしてみました👏

そしてしばらくしたある日、
「平瀬さんレッスンの後、
新曲の打ち合わせあります」とのお話…
やっぱり無理だったのかな~
別の方向も考えなきゃいけないのかな~って思いながら

打ち合わせに行ったら、
まさかのご本人様ご登場でびっくりして
ひっくり返りそうになりました😂

ベビレさんの大好きな曲をたくさん作っている堀江晶太さん

そこから1時間位かな~
自己紹介をして、みぃの性格やら、声の様子やら、
ベビレさん愛のお話をしたり、
曲を作るのためにたくさんの事を質問されました🧐

誰に歌いたいの?
(どんな時でもずっと応援してくれているファンの方達へって答えた)

何を伝えたいの?
(……)

何でアイドルやっているの?
(歌うことも踊る事も、応援してくれている方たちと一緒に笑って過ごす時間が大好きだからって答えた)

他にもたくさん聞かれているうちに自分は歌でみんなに何を伝えたいんだろう?

ちゃんと考えないといけないんだと思いました。

それが9月の始めで

ベビレさんのラストライブが9/24にあって
堀江さんもとても忙しい中、
ラストライブを終えた時に
みぃがどういう気持ちになって、
応援してくれているファンの方に
何を伝えたいのかを改めて教えて下さいと
打ち合わせは終了しました。

ベビレさんのラストライブが終わった頃、
3Bjuniorから何名か卒業するから11/3にロジャポも3Bjuniorのライブに参加すると話を聞きました。

その時に
自分の大切な人達とさよならしないといけないって
誰もが必ず1度は味わう気持ちじゃないのかな?
寂しさや悲しさはたくさんあるけど、
そこで止まっててはダメだし、
きっとそれ以上に大切な人から
たくさんの大切なものをもらってきているから、
それを持って前に進まなきゃいけない、
がんばるよ!

でもやっぱりもう1度夢でもいいから会いたいって思う気持ちみんなあるよねって事を歌にしたいってお願いしました。

自分と出会ってくれた全ての方への感謝の気持ちと
自分も含め、
共に過ごした仲間や
この曲を聞いて下さる全ての方への応援songと思っています。

ベビレさんをリスペクトしている思いや

3Bjuniorが大好きな思い

点と点がどんどん線となって
つながって、
「さよならからはじまりへ」の曲が出来上がったと思っています。

レコーディングには堀江さんがディレクターとなって、
アドバイスをして下さいました😳😳

もちろん演奏もして下さっているのでoff vocalの
神の演奏も楽しんでいただきたいです!(爆音で😆)

この大切な曲を育てていけるかはこれからの自分にかかっているので、
毎回魂を込めて大切に歌わせていただきます!!!

曲を作ると決まってから
堀江さんがベビレさんに、ロジャポの平瀬に曲を作る事になったと伝えて下さっています。

https://lineblog.me/rockajaponica/archives/9355500.html

平瀬美里さんは以前からベイビーレイズのファンとして、様々なライブに行かれたり、自身のライブで「夜明け」をカバーされています。

しかし、平瀬美里さんはロッカジャポニカが「B.O.L.T」という新体制に変化した2019年に引退されています。

2002年生まれと、まだ若いながらもパワフルなパフォーマンス、確固たる意志でアイドルに向き合ってきた姿、そして名曲「さよならからはじまりへ」を生み出したこと。忘れられません。

最後に、本当に心を動かされるライブ映像をご紹介させてください。

エモ曲

「さよならからはじまりへ」を中心とする2nd Keyは、「エモ曲」です。

ボクラノリアル (ベイビーレイズ)

作詞・作曲・編曲:塚本けむ
(詳細クレジット調査中)

僕らはここにいる (ベイビーレイズJAPAN)

作詞:堀江晶太
作曲:堀江晶太
編曲:堀江晶太
Guitar:神田ジョン・西川信幸
Bass&Programming:堀江晶太
Drums:新保恵大
Piano:菊池亮太
Strings:瀬恒啓
Chorus:久保田薫
Recorded: 青木悠・Hiroaki Yamada・Su_ka_no
Mixed:藤浪潤一郎
A&R:TAKASHI TUBOI(Pony Canyon)
Director:KAWAI SHIGERU(Pony Canyon)

3rd Key … “アニソンクリエイター第七世代”と綴った 未来への物語

約束の続き (Appare!)

作詞:NOBE
作曲:堀江晶太
編曲・All Instruments:栁舘周平(F.M.F)
コーラス:安田みずほ
エンジニア:藤巻兄将

アイドルグループ「天晴れ!原宿」に「アッパライナ」「ぼくらのうた」(何れも後述)を提供されてきた堀江晶太さん。

そんな天晴れ!原宿の新体制、「Appare!」改名後初の楽曲です。

余談ですが、「Appare!」はこの後、Rockwellさん、HoneyWorksさん、そしてまさかの篠崎あやとさんからの楽曲提供を実現。楽曲派を狙い撃ちしたかのようなプロデュースで感服です。

アイドルシーンのトップランナー NOBEさんを作詞に迎え、「作曲 堀江晶太」×「作詞 NOBE」の黄金コンビというキャッチコピーでリリースされた当楽曲。

堀江晶太さんの真骨頂といえる、爽やかだけど切ないメロディーラインで注目を集めた楽曲ですが、この楽曲では、アニソン業界で台風の目となりつつある栁舘周平さんが編曲で参加されています。

“アニソンクリエイター第七世代”として、人気急上昇中の栁舘周平さんの、堀江晶太サウンドへのリスペクトを感じざるを得ない一曲です。

輝き

3rd Keyでは、「約束の続き」のような、希望や輝きを感じられる楽曲をセレクトしました。

ぼくらのうた (天晴れ!原宿)

作詞:NOBE
作曲・編曲:堀江晶太
(詳細クレジット調査中)

ベイビーステップ (ベイビーレイズ)

作詞・作曲・編曲:堀江晶太

Guitar:小林恒隆

Bass:堀江晶太

Drums:市川義久

Piano:菊池亮太

Chorus:久保田薫

Recorded & Mixed:青木悠

Recorded & ProTools Operated:su_ka_no(SIGN SOUND LLC)

Mastering Engeneer:柴晃治(TEMAS)

4th Key … “紅蓮華” 草野華余子さんと紡いだ 決意溢れる攻撃的なナンバー

ignition (uijin)

作詞:草野華余子・ありぃ
作曲:草野華余子
編曲:堀江晶太
Produce:tamaki yamamoto(sakebi)
Sound produce:草野華余子
Mixing:Takuro Korenaga(Sony Music Studios Tokyo)
Mastering:Masaoki Moroishi(studio MASS)
Label A&R:Satoshi Furuki・Tokio Kasahara(TOWER RECORDS)
Label Producer:Ikuo Minewaki・Shogo Yoshino(TOWER RECORDS)・Keiichi Hashimoto(Zepp Live)

国民的アニメ「鬼滅の刃」主題歌「紅蓮華」作曲で、今や時の人である草野華余子さん。

そんな草野華余子さんですが、以前「uijin」というアイドルのボイストレーナーとしても活躍し、楽曲提供をされていました。その中の一曲が「iginition」です。

「ゴールデンタッグ」として紹介されることの多いお二人がアイドルシーンで繰り出したのは、この攻撃的なナンバー。草野華余子さん特有の、歌謡曲をベースに裏打ちされた、圧倒的な熱量に負けないサウンドは、まさに勇気を与えられます。

惜しくも2020年に解散を迎えてしまったuijin。短い活動期間のなかで与えたエネルギーは、まさに「ignition」の一言です。

THIS IS I’d Rock (アイドロック)

4th Key「ignition」のようなロックナンバーをチョイス。ここ一番の舞台で、闘志を燃やせる楽曲ばかりです!

アッパライナ (天晴れ!原宿)

作詞:NOBE
作曲・編曲:堀江晶太
(詳細クレジット調査中)

ミチシルベ (ベイビーレイズ)

作詞・作曲・編曲:堀江晶太

Guitar:神田ジョン

Bass:堀江晶太

Drums:淳士

Piano:菊池亮太

Chorus:久保田薫

All Instruments & Programming:堀江晶太

Recorded:宮本耕三

Mixed:小寺秀樹(VERY GOO)

Recorded & ProTools Operated:su_ka_no(SIGN SOUND LLC)

Mastering Engeneer:柴晃治(TEMAS)

シンデレラじゃいられない (ベイビーレイズJAPAN)

作詞:遠藤美秋・zopp
作曲・編曲:堀江晶太
(詳細クレジット調査中)

バキバキ (ベイビーレイズJAPAN)

作詞:永塚健登
作曲:堀江晶太
編曲:堀江晶太
Programming:堀江晶太
All Guitar:堀江晶太
Bass:Takeaki Asakura
Drums:SHiN
Chorus:久保田薫
Recorded:su_ka_no
Mixed:Kunihiko Imai

番外編 レコーディング参加楽曲

断捨離彼氏(ZOC)

「断捨離彼氏」
作曲・編曲:大森靖子
編曲:鈴木大記
Guitar:AWOKI
Bass Slap:堀江晶太
Piano:鈴木大記
All other instruments & Programming:鈴木大記
Vocal Rec & Mixing Engineer:藤浪潤一郎
Vocal Rec & Mixing Studio:PONY CANYON STUDIO

DAN PATSU SHIKI (バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI)

作詞 : みさこ
作曲 : Kuboty
編曲:Kuboty
Drums:みさこ
Keyboard;菊池亮太
Bass:堀江晶太

アンチヒーロー (ベイビーレイズJAPAN)

作詞:渡邊璃生、児玉雨子
作曲・編曲:Kuboty
Guitar:Kuboty
Bass:堀江晶太
Drums:Masuo Arimatsu
Recorded: Masahiro Tamoto・Su_ka_no
Mixed:Masahiro Tamoto
A&R:TAKASHI TUBOI(Pony Canyon)
Director:KAWAI SHIGERU(Pony Canyon)

堀江晶太アイドルソングプレイリスト

Apple Musicにはなりますが、当サイトが順番を吟味して制定したプレイリストを用意させていただきました。

よろしければご活用ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)