【オメでたい頭でなにより×堀江晶太】ザ・レジスタンス MV解禁!

聞こえるか 生まれる 我らの歌

反逆のレジスタンス

夜が明け はじまる 今

オメでたい頭でなにより 公式Youtubeチャンネル

堀江氏も友情出演されている「オメでたい頭でなにより」のキラーチューン「ザ・レジスタンス」MVが解禁されました。

こちらの楽曲はオメコアロックバンド「オメでたい頭でなにより」と堀江氏のコラボレーションにより生まれたロックチューンとなっております。
作曲にPENGUIN RESEARCHの堀江晶太さんが三代さんとのコライトという形で関わっています。

三代さんが言っている通り三代さんと堀江さんとは長い付き合いなのでこういった形でコラボするのは感慨深いです。

正直、「ペンギンにもこういうの作ってよ!」と思うこの楽曲。

堀江感はめちゃくちゃあるものの、しっかりと「オメでたい頭でなにより」の楽曲になっているのがすごいなと思いました。

Bメロとか特に。1番のAメロの前半、ベースとギターはずーっとCを鳴らしている(デンデンデケデケデンデンデケデケってやつ)なのにピアノはしっかりカノン進行なのも面白い1曲となっております。

冒頭~イントロでAMAZING BREAKを彷彿とさせました。

この楽曲は最新アルバム「オメでたい頭でなにより1」に収録されています。『ザ・レジスタンス』の他にも、鯛を獲ったり、結婚したり、チャバシラ立てたりとバラエティに富んだアルバムとなっておりますので、堀江ファンの方も是非他の楽曲もお聴きになってみてください!

以下の記事に324さんの今作に対するお気持ちが記載されているので一読の価値があります。

https://lineblog.me/omedeta/archives/9358000.html

前述記事にもあるとおり、お二人は「Naked City.」というロックバンドのメンバーでありました。(PENGUIN RESEARCHの「世界最後の日に」はこのバンドの楽曲のリブートで、Minstrelの「Saya」はこのバンドの楽曲のアレンジです)

https://twitter.com/percusSHOn/status/666904933216555009?s=19

堀江晶太歴の中でも、このバンドの時代は「kemu以前時代(紀元前)」と「kemu時代(紀元後)」を繋ぐ大きなキーポイントとなり、ファンも見逃せない時代となります。

3年前くらいまでは試聴できたのですが、現在はこのバンドの音源を聴く術はありません。

【324(三代)さんが関与された堀江曲(一部)】
・イエローサンシャイン/金元寿子(ギター)
・アシタノツバサ/石田燿子(ギター)
・Dearest,Dearest/luz(ギター)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)